博多織の新シンボル完成 承天寺『千年門』 – 博多織の帯・着物「伝統と革新をお届けする」:筑前織物
博多織

  1. HOME
  2. ブログ
  3. バックナンバー
  4. 博多織の新シンボル完成 承天寺『千年門』

博多織の新シンボル完成 承天寺『千年門』

博多織の新シンボル完成 承天寺『千年門』

本日、博多織の発祥の地である承天寺に新たな博多、そして博多織の新シンボルが完成しました。

それが、『千年門』です。

6

博多駅博多口から、徒歩10分前後にある承天寺。

博多織や饅頭、うどんの発祥の地として知られている承天寺。11月にはいつも博多織求評会が行われている

この地が、より楽しめる場所にかわりました。

1

博多駅から承天寺に向かう途中にでてくるの目印が、こちら『承天寺通り』。

ここから歩いて5分。

2

 

近づいてきましたね、千年門。

よくみてください、前に映っているタクシーを!

そうなんです、福岡のタクシーの一部に『博多献上柄』をデザインしたプレミアムタクシーが走っているんです。

ぜひ、観光でこられた際は、こちらも楽しんでいただければと思います。

 

3

 

やっとシンボルにつきました。『千年門』。

千年門は古文書に登場する博多の出入り口「辻堂口門(つじのどうぐちもん)」をモデルにした木造瓦ぶきの四脚門。高さ、幅ともに約8メートルで、博多の街の未来千年の繁栄を願って命名されたそうです。

 

467

 

もちろん、博多織の代名詞『献上柄』も、デザインされていました。

5

 

そして門を通過すると、きれいに整備された道にマツやモミジ、自然石が配置されています。

 

12

 

10

 

そしてその先には、承天寺があります。

11

 

木々が、青く健やかに育ち幻想的な雰囲気を醸し出しています。

 

ぜひ、博多織発祥の地『承天寺』そして、『千年門』をお楽しみください。

その際は、ぜひ着物で歩いてみてはいかがでしょうか?!

 

 

 

関連記事