筑前織物 活動まとめ!イマジンワンワールド キモノプロジェクト2018.05.01 更新中 – 博多織の帯・着物「伝統と革新をお届けする」:筑前織物
博多織

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Our Works
  4. 筑前織物 活動まとめ!イマジンワンワールド キモノプロジェクト2018.05.01 更新中

筑前織物 活動まとめ!イマジンワンワールド キモノプロジェクト2018.05.01 更新中


2018年4月29日
イマジンワンワールド の節目となる100カ国の完成披露式典が久留米シティプラザ ザ・グランドホールにて行われました。
久留米シティプラザ
筑前織物グループとして参加させていただき、約二年。

その中で、フィリピン、トルコ、スウェーデン、タイ、ソロモン諸島、そして人間国宝 小川先生の作品カナダにもご協力させていただきました。

100カ国完成披露式典
今年は、福岡を代表するデザイナーグループ ダーウィンLLPの代表である かねこしんぞう氏と九州産業大学の教授である後藤先生とそのゼミ生でデザイン制作を行い、その製織を博多織の育成学校である博多織デベロップメントカレッジにて行なった共同プロジェクトの監修をさせていただきましたノルウェー。

九州産業大学デザイン
博多織デベロップ製織

196カ国の約半分。
残り2年になりますが、通過点にすぎない100カ国。されど、100カ国の完成には並々ならない苦労があったと思います。その披露が盛大に行われましたので、その会場で撮影した写真になります。またサプライズで、今年から地元放送局TNCのアナウンサー小野彩香さんも出演されていました。

ソロモン諸島制作ソロモン諸島制作帯

TNC小野彩香アナ

小野彩香アナ

以下、以前の記事
イマジン・ワンワールドとは、日本伝統文化の華であり象徴とも言える「KIMONO」を中心に、
日本の伝統技術の継承と普及のために活動しております。近年、需要の縮小などにより、古くより発展
してきた伝統技術の伝承が困難になっています。

これ以上の衰退を阻止するためにも、日本だけでなく世界中の方々に、まずは日本の伝統技術の素晴ら
しさを知っていただくことが欠かせません。

そうした現状に対し、私たちはオリンピックに参加する世界196ヵ国それぞれの自然や遺産、歴史文化
を表現した「KIMONO」を196着制作し、世界を「おもてなし」するプロジェクトです(イマジン・ワ
ンワールドHP引用)。

そのプロジェクトに、筑前織物グループが参加させていただくこととなり、
今までにフィリピン トルコ の2カ国を製作させていただきました。

また、博多織唯一の人間国宝小川氏のカナダ帯製作にも、博多織デベロップメントカレッジの卒業生が在籍していることもあり、お手伝いをさせていただきました。

その活動を、まとめてみましたので、ぜひこの機会にご覧くださいませ。
博多織の筑前織物以外に、西陣織の有名なメーカーも参加されています。
イマジン・ワンワールドのHPに、情報配信されていますので、合わせてご覧くださいませ。

きものが似合う街、日本橋」
2012年から続いている最大のきもの文化イベント「きものサローネ」にて、
筑前織物グループが参加している「イマジンワンワールド」が新しい国の帯、そしてフィリピン帯の発表会が行われました。

石川県の伝統工芸、加賀友禅。
今回、加賀友禅から初めての作品が生まれまし着物は中町博志先生。
そして帯は、本場筑前博多織として筑前織物グループの福絖織物が製作を担当しました。
12140710_895606730554841_6455767785699726572_n12122686_905695786146510_3615097988214478628_n

12048560_961496647269072_1802303694_n
12079434_905696369479785_4216300898735954106_n
加賀友禅の着物と博多織の帯の、夢のようなコラボレーションです。
当日の様子をお楽しみください。
12140655_905695356146553_4098415588483124458_n
IMG_5264
12074743_905697446146344_5659855209999665561_n
12166120_961757123909691_1646326167_n

12092199_961146143970789_1261317196_n
IMG_5261
12064356_961145777304159_2126629809_n
製作秘話は、こちらへ
https://chikuzen.co.jp/information/2956/

そして、第二弾として製作させていただきましたのが「トルコ」になります。
このトルコ帯は、博多織デベロップメントカレッジ(博多織育成学校)を卒業した若手スタッフが
メインとなり、弊社伝統工芸士とともに打合せを重ねながら製作した帯になります。
15032265_1310077639054828_1430043830555318142_n-1

2012年から続いている最大のきもの文化イベント
「きものサローネ」。
筑前織物グループが参加している
「イマジンワンワールド」が新しい国の帯、着物の発表。

15000757_1310077695721489_2352943485186475506_o

そして、博多織の筑前織物グループとして制作させていただきましたトルコ帯の発表が行われました。
img_7483 img_7506
写真は、
この度トルコ帯の制作にあたりスポンサーになっていただきました方から、いただきました写真を使用させていただきました。
14429118_1094430077309836_1307363153_n 14454726_1094430070643170_2011514737_n 14469212_1094430080643169_1572271167_nイマジンワンワールドトルコ帯 14947836_1310092522386673_3843920298042730253_n 14947943_1310092519053340_2216842591240160294_n 15055855_1310092615719997_5661660899800571883_n

そして人間国宝 小川規三郎先生が製作された「カナダ」帯。

福岡アジアコレクション(Faco)のオープニングアクトにて、
筑前織物グループもフィリピン帯で参加した「イマジンワンワールド」の最新作の発表が行われました。

博多織の唯一の人間国宝である小川規三郎先生が製作を担当された「カナダ」帯の発表です。
この「カナダ」の製作にあたり、ほんのすこしではありますが,
筑前織物グループもお手伝いさせていただきました。
12439409_982080445174710_7483042435125734554_n

1040169_980332535349501_9184194092041259023_o
この「カナダ」の製作にあたり、ほんのすこしではありますが,
筑前織物グループもお手伝いさせていただきました。
1915852_1051037788314957_3900630365939765658_n600413_1051037851648284_3882651965272222265_n944970_1051037914981611_3613563954199231912_n

このカナダ帯のコンセプトは、国旗だそうです。

1965年に制定されたカナダ国旗。両側の赤い帯は太平洋と大西洋。
中央のメイプルリーフがカナダを象徴。

葉の先端の尖った部分と枝を合わせた12の数は、国を構成する10州と2準州を表しています。

その12の数を、博多織の代表的な柄である献上柄(華皿 独鈷)、縞(親子縞、孝行縞)、そして間道(ストライプ)にて表現。

12729148_980333042016117_5960157083700107459_n

カナダの象徴でもある大自然をストライプの色で表現し、
緑から赤へ染まる季節感を表現。

また、博多織の特徴でもある経糸の表現で、
整経ぼかしを使い、カナダのナイアガラの滝、オーロラのカーテンを表現だそうです。

裏側は、博多らしい献上柄になっています。
リバーシブルでも使えそうなデザインです。
12717950_1051037821648287_1183179383068289006_n
イマジンワンワールドの代表高倉 慶応さまのコメントになりますが、

まず、普段の博多織は、名古屋帯がほとんどです。
今回は振袖に合わせる袋帯ですから、表地と裏地が必要です。
それに、長さも普段より随分長く織らなくてはなりません。
先生は、わざわざ両面にそれぞれの意味と思いを込めて織って下さいました。
この両面を耳かがりしてお仕立てして
一本の袋帯が出来るわけですから、なんという贅沢な作品でしょう!?
風合いといい、打ち込みの具合といい
写真では伝わらない質感が本当に見事です!
私たちにはわからない人間国宝がゆえのプレッシャーがおありになったことでしょうが、
この道一筋に精進された小川先生に改めて脱帽です。
製作に深く関わってくださった
筑前織物の丸本 修司さんに心から感謝します。
12814660_1042163779202358_6374963223421999038_n
筑前織物のこともすこし触れていただいております。
886934_982080491841372_8799947943871852298_o 12891567_982080478508040_8803153457514049719_o

まだまだ196カ国までには、時間がかかります。

しかし1カ国、1カ国、相手の国を調べデザイン化していきます。

イマジンワンワールド

筑前織物が参加しているイマジンワンワールドkimonoプロジェクト。

オリンピックに参加する国をイメージした帯 着物を制作するだけでなく、
作り手の新たなチャレンジの場、そして後継者育成、社会貢献など、幅広い意味合いを持ったこのプロジェクト。
イマジンワンワールド博多織
この度、スウェーデンという国を担当させていただくことなり、
スポンサー様である(株)西部技研様、そして在福岡スウェーデン名誉領事である隈 扶三郎名誉領事(西部技研社長)に完成のお披露目ができました。
西部技研社長様
イマジンワンワールド代表理事 高倉氏のFacebookより引用

スウェーデンのKIMONOと帯が完成し在福岡スウェーデン名誉領事に完成のご報告に伺いました。
その、あまりの美しさに隈 扶三郎名誉領事はじめ、
スポンサー企業である西部技研の皆様も、心の底から喜んでくださいました。
西部技研お披露目
制作に関わってくださった、村山由香里社長始め多くの女性からなるチームスウェーデンの皆さん。
スポンサーに対して積極的に隈社長を説得してくださった名誉領事秘書の藤川由巳さま、
そして、制作してくださった京都の松田徳通先生、帯を制作してくださった博多織の筑前織物丸本 修司さん、博多織伝統工芸士の上石先生(筑前織物グループ)。スウェーデンからの留学生で沢山の情報を下さっJohanna Olsson、Lina Södergrenさん。本当にありがとうございました!これからKIMONOを仕立てて今月の後半には、スウェーデンまで作品は移動して、由緒正しきスウェーデンの御城の中に展示され多くのスウェーデンの皆様にお披露目されますよ!

こんなに名誉なことはありません!
お披露目博多織
僕はいけなくて本当に残念です!
スウェーデンの美しい自然と文化が
日本の伝統のKIMONOへ

またひとつレガシーが生まれました!
スウェーデン名誉領事館

多くの皆様のご支援とご協力の元、最高の本場筑前博多織のスウェーデン帯が完成致しました。

この博多織のスウェーデン帯は、博多織らしい平地の組織を使い、経糸だけで色、柄を表現しています。今回も経糸本数は1万本前後使用。
西部技研お披露目5
今回新たな試みとして、専門的になりますが柄を出す経糸を2色で割り、色の三原色の使用することによって、割った2色が混じり合うことによって、第3色目を表現しています。

このことによって色の表現色を増やし、今までの博多織の色数制限を超えた作品となっています。

ぜひイマジンワンワールドとして、キモノサローネでkimonoショーを毎年開催していますので、
機会がありましたらぜひご覧くださいませ。

筑前織物も今後とも、参加していきますのでご期待くださいませ。

関連記事