福岡城下の簀子小学校にて和のミュージアム&特別講座「博多織工場見学」 – 博多織の帯・着物「伝統と革新をお届けする」:筑前織物
博多織

  1. HOME
  2. ブログ
  3. バックナンバー
  4. 福岡城下の簀子小学校にて和のミュージアム&特別講座「博多織工場見学」

福岡城下の簀子小学校にて和のミュージアム&特別講座「博多織工場見学」

「和のミュージアム」は九州大学とNPO法人福博相伝の会が開催する福岡・博多の伝統工芸・伝統文化の展示会です。この展示会に、筑前織物グループも参加します。
和のミュージアム
今年は中央区の簀子小学校で10月11日~13日の3日間開催。
博多織、博多人形、独楽、曲物、張子、マルティグラス、陶芸、日本画、茶道、華道、日本舞踊等の展示会、体験教室、ワークショップを予定しています。
また、特別講座として、10月2日に筑前織物グループの福絖織物の工場見学ツアーとカラーコーディネイト講座を開催致します。
和のミュージアムHP
主催 九州大学 NPO法人福博相伝の会
協力 福岡城市民の会 草月会福岡県支部 裏千家淡交会博多青年部
   高取焼味楽壷保存会 全日本作法会福岡支部
後援 国際交流基金 福岡県 福岡市 福岡県教育委員会 福岡市教育委員会
   福岡市文化芸術財団 福岡教育連盟 九州朝日放送 はかた伝統工芸館
   裏千家淡交会博多支部 木乃花の会 NPO法人教育文化研究ネットワーク
   ももちパレスカルチャーセンター
協賛 筑前織物 如水案
DSC00359 DSC00356 DSC00363 DSC00353
特別講座「和のミュージアム」博多織工場見学編 
2014年10月11日より13日まで、福岡市になる簀子小学校にて行われる「和のミュージアム」に先駆けて、特別講座を福絖織物にて開催しました。

「和のミュージアム」は、移動型博物館をコンセプトに「文化に出会う」「伝統にふれる」「歴史にかかわる」をテーマに、一般市民向けの企画です(主催は、九州大学と福博相伝の会)。

今回特別講座として「博多織工場見学とカラーセミナー「日本の色」」を行いました。

福絖織物の工場見学では、普段なかなか見る事のできない博多織制作工程を最初から最後(意匠 糸繰り 整経 製織 仕上げ など)まで説明させていただきました。その中で伝統工芸士との質疑応答などをさせていただき、物作りの現場スタッフとの交流を深めていただきました。

制作工程をご覧いただいた後、最後に出来上がった帯を見ていただきました。

参加いただいた方の声になりますが、

「こんなに手間ひまかかっているなんでしらなかった」
「博多織って、こんなデザインあるんだ」
「こんなに多くの糸をつかっているんだ」
「工場見学した後では、博多織の見え方がちがってくる」

など、たくさんの声をいただき、博多織を知っていただくいい機会になりました。

その後、博多織と絡めたカラーセミナーを行いました。

日本の色の歴史や、配色のあり方やコーディネートなど、
色に関するセミナーをしていただき、今回は和装の色という視点ではなく、
現代の色という視点から着物のコーディネート色の話をしていただきました。

こちらもとても好評で、みなさん聞き入っていました。

今回は、特別講座を通して多くの皆様に博多織をしっていただける貴重な機会になったと思います。

このような機会を増やしていき、皆様に伝統的工芸品である博多織を、
より身近に感じていただき、知っていただきたいと思っております。

もし博多織や工場見学にご興味ある方がいらっしゃりましたら、
お問い合わせくださいませ

関連記事