博多織 平地八寸なごや帯瑞峰間道 – 博多織の帯・着物「伝統と革新をお届けする」:筑前織物
博多織

  1. HOME
  2. ブログ
  3. バックナンバー
  4. 博多織 平地八寸なごや帯瑞峰間道

博多織 平地八寸なごや帯瑞峰間道

平地八寸なごや帯の最高峰
『瑞』つややかで、麗しくみずみずしいこと
『峰』常に頂きを目指す品作りに対する想い
 
5千本もの経糸で色・柄を織り上げていく瑞峰間道。
その柄は遥かシルクロードに思いを馳せ、古代神話や仏教美術より、
イメージされた正倉院名物裂が由来。
染めにもこだわり、経糸・緯糸共ウルシ科の低木に小さな昆虫が寄生して作った、
瘤状の巣から取れるタンニンを含む『木附子染』を使用しているため、
独特の色合いと風合いが出ています。
 
博多織 瑞峰間道
博多織 瑞峰間道
博多織 瑞峰間道
博多織 瑞峰間道
博多織 瑞峰間道
博多織 瑞峰間道
 

関連記事