本場筑前博多織 企画着尺&帯コーディネートおしゃれ着物姿2017.06.28 – 博多織の帯・着物「伝統と革新をお届けする」:筑前織物
博多織

  1. HOME
  2. ブログ
  3. おすすめ着尺
  4. 本場筑前博多織 企画着尺&帯コーディネートおしゃれ着物姿2017.06.28

本場筑前博多織 企画着尺&帯コーディネートおしゃれ着物姿2017.06.28


筑前織物がご提案する博多織の着物セット。
数年前に伝統的工芸品に登録された、博多織着尺と博多帯をコーディネートしてみました。
 
博多織着尺の生産はまだまだ生産量が少なく、店頭で見る機会も少ないのではないでしょうか。
 
今回の博多織着尺は、筑前織物の代表作である薩摩切子を題材とした袋帯「切子」から,
イメージした着尺になります。
 
他産地の着尺に比べると帯同様、縦糸本数が多く縦糸の色を含めて三色使用することによって、
切子柄の特徴である立体感を出しております。この立体感をさらに強調する絹100%の着尺になります。
 
その博多織着尺に今回合わせているのが、袋帯「花想い」と、紋八寸なごや帯「組紐」です。

袋帯「花想い」は、 やさしく・きれいな中にも上品で凛とした大人の気品を表現。
付け下げ・訪問着また、お召しや紬のおしゃれ着に着るかたの個性を引きだすイメージで,
作成しています。
 
また、お母様から娘様へ、そしてお孫様へ三代着ていただけるような「想い」を込めた帯と
なっています。
 
そして紋八寸なごや帯「組紐」。
この帯は、風を通すと書いて、「風通織(ふうつう)」と呼ばれる織り方です。
縦糸と緯糸の組み方が、空気を包み込むよなイメージで織る事によって、博多織らしいモッチリとした
質感が楽しめる帯です。

こちらの帯は、とても締めやすく型崩れしにくい帯として好評をいただいております。
 
ぜひこの機会に、筑前織物がご提案する博多織をお楽しみ下さい。
 
 
 

関連記事