博多織

  1. HOME
  2. ブログ
  3. バックナンバー
  4. 特集 博多テックスLLP × ダーウィンLLP 「平成献上柄」新しいデザインと共に、博多織

特集 博多テックスLLP × ダーウィンLLP 「平成献上柄」新しいデザインと共に、博多織

博多テックスLLP × ダーウィンLLP
平成献上柄」新しいデザインと共に、博多織「伝統と革新」
「平成献上柄」をご存知でしょうか。
福岡商工会議所、博多織工業組合、福岡工業技術センター、ダーウィンLLPによって構成された、博多織の新市場への可能性を開拓することを目的としたプロジェクトによって新たに作られた、780余年の歴史ある博多織の代表的な柄「献上柄」の現代版です。
平成献上
福岡の玄関博多駅にデザインされています
献上柄華皿独鈷
献上柄
慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有するようになってからは、幕府への献上品として博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋を献上するようになりました。
その模様は仏具の「独鈷」「華皿」との結合紋様と中間に縞を配した定格に固定されていました。
それ以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれていたものが、それ以来「献上」と呼称されるようになったのです。
博多テックスLLPのメンバーは、博多織メーカーである筑前織物グループ、原田織物,サヌイ織物の3社によって構成され、各メーカーの得意分野を生かしつつ、情報を共有し新たな素材作りを行っています。
博多テックスLLPについて、博多経済新聞に取材いただきました。記事は、こちらへ
またダーウィンLLPは、福岡を代表するデザイナーかねしんぞう氏、後藤宏氏、原一真氏など、建築家、インテリアデザイナー、クリエイティブデザイナー、プロダクトデザイナー、Webコンサルティング、マッケティング、デザイン業界を牽引するメンバーによって構成されています。
博多テックスLLPの「素材開発」とダーウィンLLPの「デザイン力」によって、今までになかった視点を持って新たなものづくりを行っております。
今までの実績として、「平成献上」を使った西鉄グランドホテルのスイートルーム改装を始め、テーブルセンターやフットスロー、タペーストリー、クッションなど新たに開発してきました。
グランドホテル
パーテーション
photo_02_1
IMG

また最近では、「平成献上」を使ったiPad ケースなども開発しています。
筑前織物グループでは「伝統と革新」をモットーにインテリアから、より生活に身近なものまで手がけています。
また販売方法として、FUKUOKA DESIGN STAGE 「D12」という、福岡デザインアワード(旧福岡産業デザイン賞)を受賞した企業の商品を中心に、福岡県内の優れたデザイン商品を企業・クリエーター・売場とが一体となった形での販売も行っております。
DSC4570

DSC4620

もちろん、筑前織物グループ内の博多織小物通販サイト「筑前ぎゃらりい」「本場筑前はかたもん」でも取り扱っています。
ぜひこの機会に、現代の感覚によって生まれた新しい博多織の献上柄「平成献上」をお楽しみください。
筑前ぎゃらりい                                                                       筑前ぎゃらりい

はかたもん
本場筑前はかたもん

 

関連記事