NEWS

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. チュラロンコン大学 工場視察Chulalongkorn University

チュラロンコン大学 工場視察
Chulalongkorn University

先日、タイ国政府通称代表事務所広島からお電話をいただきました。

 

タイの大学の教授が博多織の視察がしたいとのオファーを受け、筑前織物HPをご覧いただき、今回弊社の工場見学となりました。

 

今回博多織の工場視察に、Chulalongkorn University(チュラロンコン大学)のMrs. Patcha Utiswannakul Mr. Trid Haritaworn Mr. Atthaphon Ponglawhapunと、タイ国政府通称代表事務所広島の関様で来社いただきました。

 

 

Chulalongkorn Universityは日本の大学でいうと東京大学にあたるそうで、1917年に設立されたタイ王国において最も古い歴史を持つ、権威ある国立大学出そうです。

 

 

工場視察では、博多織ができる工程を順に説明させていただき、タイの織物工場とはちがう工程や、手作業の工程など熱心にご覧いただきました。

 

 

驚きの一つに、想像以上の繊細で手のかかる作業を行っていることだったそうです。

 

私も実は学生時代、タイに旅行に行った経験があり、すごく親しみを感じる国です。博多織と言えば、絹。そしてタイも、タイシルクが有名です。

 

 

ぜひ今回の視察を通して、日本とタイ、博多織とタイの架け橋になるマイルストーンになればと思っています。

 

 

Chulalongkorn University(チュラロンコン大学)HP  :  https://www.chula.ac.th/en/

お知らせ

お知らせ一覧