博多織

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ちくぜん見聞録(社長ブログ)
  4. 紋小袋「はかた小町」

紋小袋「はかた小町」

おすすめ!博多織の紋小袋帯

筑前織物の作品をご覧いただき、ありがとうございます。

筑前織物周船寺工場で勤務する職人さんによって制作された帯や着物、そしてモノ作りへの想いをご覧くださいませ。

◆作品名

紋小袋『はかた小町』

◆特徴

・筑前織物のロングセラー作品の一つである紋小袋『はかた小町』。

・袋帯、名古屋帯を締めたときの博多織ならではの締めやすさを、そのまま活かした小袋帯。着物初心者でもゆるみにくくしっかりした締め心地が好評です。

・小袋帯には珍しいはっきりとした柄裄が多いので、小紋の着物にも合わせやすく、帯締めを締めて前姿を名古屋帯風にみせることもできます。

・通常より総尺も長く、両面柄(リバーシブル)なのでアレンジ次第で変り結びを色々楽しむことができます。

・デザインバリエーションが多く、古典的な柄から個性的なアニマル柄まで制作。

・紋八寸を織る織機を使用し、紋八寸と同じ手間隙をかけ、さらに両面にデザインを施した作品です。

博多織の紋小袋帯

博多織の紋小袋帯ぞう柄

毎年新柄を作成し、個性的な柄も取り揃えています

筑前織物周船寺工場について

・博多織業界最大クラスの規模であり、博多織で制作できる袋帯、佐賀錦、紋八寸、平八寸、男帯など、幅広く制作できる織元です。

・博多織工業組合主催の博多織求評会では、内閣総理大臣賞を最多受賞。

・伝統工芸士だけでなく、若手スタッフも多く在職し(20代から40代のスタッフが多い)、意匠部にも力を入れています。

博多本社京都支店東京支店があり、最新のトレンド情報を意匠部にフィートバックしながら、「伝統と革新」をモットーに博多織制作に励んでいます。

・博多織を使ったコラボにもチャレンジ!

筑前織物周船寺工場の部長 

染める前の生糸

経糸を並べる整経作業の様子

 

筑前織物YouTubeチャンネルにて、制作の様子をご覧いただけます、こちらをクリック

関連記事