博多織

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ちくぜん見聞録(社長ブログ)
  4. 紗八寸なごや帯「すずし」

紗八寸なごや帯「すずし」

筑前織物の作品をご覧いただき、ありがとうございます。職人さんによって制作された、筑前織物のモノづくりをご覧くださいませ。

◆作品名 :紗八寸なごや帯『すずし』

◆特徴

・夏帯らしいシャリ感を出すために生糸そのまま(通常は、染色屋さんで処理してもらいます)を使用し、捩り織りにより、適度な空間を開けることにより夏帯らしい涼しげな帯になっています。

・緯糸にも工夫を加え、部分的にグラデーションが見えるように製織し、そのグラデーションによって、おしゃれの中にも品格を感じていただける逸品に仕上げています(配色にもよります)

・博多織工業組合主催の求評会にて、最高賞の内閣総理大臣賞を受賞した作品です。

・博多織らしい「粋さ」「おしゃれ」を追求した、都会的なシンプルモダンな帯に仕上げています。

・もじり織のため、針で糸を動かす制限がある中シンプルさの中に、糸の動きによってデザインをしています。

筑前織物周船寺工場について

・博多織業界最大クラスの規模であり、博多織で制作できる袋帯、佐賀錦、紋八寸、平八寸、男帯など、幅広く制作できる織元です。

・博多織工業組合主催の博多織求評会では、内閣総理大臣賞を最多受賞。

・伝統工芸士だけでなく、若手スタッフも多く在職し(20代から40代のスタッフが多い)、意匠部にも力を入れています。

博多本社京都支店東京支店があり、最新のトレンド情報を意匠部にフィートバックしながら、「伝統と革新」をモットーに博多織制作に励んでいます。

・博多織を使ったコラボにもチャレンジ!

筑前織物周船寺工場 意匠部 伝統工芸士 工場長 上石

紋紙(デザインデータ)

筑前織物YouTubeチャンネルにて、制作の様子をご覧いただけます、こちらをクリック

関連記事